脂肪吸引の失敗例と対処方法

代表的な失敗例

脂肪吸引手術を受けようと考えている方の中には、もしも、失敗した時に取り返しがつかないことになるのではないかと手術を躊躇っている方もいるはずです。
そこで知っておきたいのが、脂肪吸引で起こりえる失敗例とそれに対する対処方法です。
これを知ることでなぜ失敗が起きるのか、そうならないためにはどうしたらいいのかということを知ることができますので、手術を受ける際のリスクを減らすことができるはずです。
まず代表的な失敗例として挙げられるのがデコボコができてしまうことです。
脂肪吸引は小さな穴から脂肪を吸い出すため、均等に脂肪が取れずに多少、デコボコになってしまうことは珍しくなく、多少のデコボコであれば術後にマッサージをすることで改善することができます。

デコボコはほんとに怖いですね…
骨いじるのも怖いので、顎はプロテにしようと思いました😭
ありがとうございます🙇🏻‍♀️

— おたえ◡̈♡🇰🇷糸リフト頬顎脂肪吸引DT (@taetae1230tt) 2018年8月14日
しかし、そのデコボコが極端な場合、脂肪吸引時に吸引する脂肪の量にムラがあったと考えられますので、再手術によって取り残した脂肪を吸引する修正手術が適切な対処法となります。
次に左右の形が違ってしまうこともあります。
医師も右利きや左利きといったように利き腕がありますので、吸引する時に利き腕の癖によって左右差が出てしまうことがあるのです。
そうならないためにも医師は意識的に脂肪吸引の手術を行うのが普通ですが、極端に左右差が出てしまった場合、どちらか一方の脂肪の吸引不足が考えられますので、再度の修正手術となります。

代表的な失敗例ひきつれ感が残ってしまうケースリスクを減らすために最も大切なこと